行政書士資格取得を自宅で勉強しよう【家スタディ】

しっかりと勉強して法律家になる法律の学習方法

資格取得をする

 法律関係の士業と呼ばれる仕事や資格の中で行政書士は比較的難易度が低いため、年々受験者数が増加しています。ですが行政書士試験に合格した際に資格を得るための注意事項があるため、それはどのような内容であるかを説明します。  行政書士や税理士などといった士業の国家資格の試験では、合格後に専用の団体に登録をする必要があります。行政書士の場合には専用の団体があるため、資格試験合格後にそこに入会や登録の申し込みをしなければならないです。そこでまた数十万円という費用が発生するため、これを支払わないと正式に行政書士を名乗ることが出来ないです。ですが国家資格は一度試験に合格をして団体に登録をすれば、その後は専門家として色々と活動出来るようになります。このあたりの点が普通の民間資格とは異なる点なので、試験合格後に登録が不可欠という点だけは覚えておく必要があります。

 行政書士の資格を取得すると書類代行サービスなどの独占業務が出来るようになるため、需要が高くなっている傾向があります。そこでこの資格について事前に知っておくと便利な情報があるため、その内容について紹介をしていきます。  多くの方は行政書士は正式な試験を受けて合格した者のみがなれると考えていますが、実はいくつか例外があります。その例外として多く知られているのが、公務員を20年勤めると試験をパスして行政書士になることが出来ます。ですが一言に公務員といっても種類が限定されており、事務職に20年間勤務していることが条件となります。ですので公立に勤務している教師や、機動隊や捜査1課などに努めている警察官は条件から除外されます。